自宅での鼻下脱毛について

顔の脱毛については、やっている方、少しやっている方、全くしていない方も多いでしょう。
しかし、一番に気になるのは鼻下のひげに当たる部分で、この脱毛をしていないという方はいないかもしれません。
男性なら当然のひげ脱毛ですが、女性もそのままにしておくことで、産毛よりも濃い毛が生えてきます。
ですから、一ヶ月や数週間に一度に剃っているというのが一般的です。
自宅で面倒なこととは言え、眉毛等を整えるとき、ついでに行うという方はきっと多いはずです。
顔の脱毛と言えば、これだけと言っても良いかもしれません。
もちろんこの時には、シェービングクリームや乳液などを使用している方、石鹸を付けて行う方、何も付けないでカミソリの刃を直接当てる方などいろいろです。
ご自分の肌の調子如何によっては、そのままの方法でも良いかもしれませんが、一応鼻下の脱毛に関しては、自宅で行う場合は、理想的な手順があります。
洗顔後、肌を整えて、特に保湿は完璧にします。
必ず肌を温めておくことが基本です。
その上で、シェービングクリーム等を付けて、肌に優しいカミソリを使用して、ゆっくりと毛を剃ります。
その後は再び、保湿を行って、アフターケアをします。
そこまで行って、肌負担が極めて少ない脱毛の形になります。
もし、どれかが抜けた状態だとしたら、鼻下の肌は荒れていたり、トラブルになっているかもしれません。
自宅で、鼻下の脱毛をしようというときには、保湿とアフターケア、温めることをオススメします。

カミソリの刃は角質を削る?

顔脱毛をいつも自宅で行っている方で、カミソリを使用している方は大方です。
肌に優しいという品物を使用するのは当然ですが、それでもカミソリは肌を傷めていると言われています。
カミソリは、直接肌につけて行います。
ということは、肌表面にも刃は確実にあたっています。
肌の上皮は角質で、少しですが、毎回削っていることになります。
余談ですが、古い角質をとるためのピーリングが存在しますが、薬剤で古い角質を取る方法です。
それと同様にカミソリは、機械的に角質を削っていくイメージです。
毛はキレイになくなりますが、角質もとってしまうため、肌トラブルが起きやすいとされています。
最近では、シェービング専門店もありますが、そこでも同じことです。
ただし自宅と大きく違うのは、顔脱毛のビフォーアフターの徹底したケアにあります。
これができない自宅では、肌トラブルに合うことが多いですが、ケアが完璧なシェービング専門店では、肌に安心な顔脱毛ができます。
ですから、カミソリで顔脱毛をしている方は、この事は認識されることをおすすめします。その上で、肌に良いことして、保湿ケアをきちんと行うなどの工夫をして、肌トラブルを起こさないように考えることをおすすめします。
もし、肌の状態が悪化の一途をたどるようであれば、カミソリによる顔脱毛は休止して、別の方法を試されることをおすすめします。
いっその事しない、これは肌には良いことですが、それによって顔の見映えがひどくなることで支障が出てしまうこともあります。