顔脱毛のメリットとデメリットについて

女性は男性と異なり、目立つようなヒゲは生えてきません。しかし、性別を問わず産毛はどこにでも生えています。顔は人から一番見えるところですが、日本人の場合産毛でも毛自体が黒いので生えているだけで顔色が暗くなってしまいます。
そのため、最近は顔脱毛する人が増えています。顔脱毛のメリットはなんといっても、毛が生えてこなくなる点です。鼻の下は女性でも産毛が濃い部位で、うっすらとヒゲのようになっている人が少なくありません。剃ることで青々としてしまったり、肌を傷つけてしまうことがあり、自己処理の難しさがあります。脱毛することで、これらの悩みから解放されますし、毛がなくなることでメイクのノリもよくなるというメリットがあります。顔色も一段明るくなり、華やかな印象になります。
また、顔脱毛にはデメリットもあります。脱毛の施術は、黒い色に反応する特殊な機械を使いますが、顔の場合は毛が薄いため、なかなか反応しにくいという点です。ワキのような濃い毛であれば5回ほどの施術でムダ毛がなくなりますが、顔脱毛の場合は10回以上の施術が必要になります。そして、顔脱毛は顔全体の脱毛ができるわけではありません。光を照射させることで施術をするため、失明の危険性がある目の周りは施術することができないデメリットがあります。顔で施術可能なのは、鼻下、頬、おでこ、もみあげといった限られた部位になることを覚えておきましょう。フェイスラインも施術可能なところがあります。