毛抜きでの顔脱毛は危険がいっぱい?

顔脱毛は毛抜で行う。
これもひとつの方法です。
全身ほぼ毛抜きで行っている方も少なくありません。
もし毛抜気を使用するとしたら、眉毛の数本程度で、実は毛抜きで顔脱毛は、おすすめできない理由があります。
それは、痛いこと、埋没毛の原因になること、炎症が起きやすくなってしまうことです。
痛いのは、経験したらわかることですが、毛そのものには神経はありませんが、皮膚が引っ張られることで、どうしても痛さはあります。
眉毛などは引っこ抜きやすいですが、その他の産毛などに関しては、完全な引き抜きができないこともデメリットとして挙げられます。
埋没毛と言うのは、毛穴から引っこ抜くことができずに、途中で切れてしまうことを言います。
その毛が、再び伸びようとする時に、毛穴で丸まってしまいます。
毛穴の中で、毛玉ができてしまうことを言います。
これは引っこ抜くことが出来ず、病院に行き処置してもらうことになります。
顔にこのような埋没毛ができることは、とんでもないことです。
そして、痛みとともに傷でできることで、炎症が起きてしまい、傷になります。
その後キレイに治らずにアザやシミのようなってしまうこともあります。
カミソリの刃は嫌だから、いつも毛抜きで抜いているという方は、このようなデメリットを考慮してみてください。
肌は確実に痛みと傷みに挟まれていることになりますから、毛抜きでの顔脱毛はやめたほうが良いと言われています。
顔脱毛に関しては、年共にトラブルも増えますから、早めに毛抜き以外の方法をしたほうが良いとされています。

顔脱毛

産毛の処理はシェーバーで顔脱毛に最適

シェーバーを使用して顔脱毛をするのも良いでしょう。
顔脱毛は、エステなどが良いとされていることもありますが、シェーバーだけの魅力があります。
それは、産毛をキレイに剃ることができることです。
自宅では、カミソリを使用して、産毛を剃ること可能ですが、肌負担が大きいというリスクを抱えることになります。
シェーバーも刃で剃ることになりますから、負担はありますが、カミソリよりは安全でキレイに剃ることが可能です。
そして、エステなどの光脱毛に関しては、実は産毛までの脱毛は出来ないとされています。
エステで行う機械による脱毛は、日本人ならではの“黒い毛”に対応するように出来てします。
ということは、産毛の色には反応しないことから、光脱毛で産毛はキレイにならないとされています。
ですから、家庭でのシェーバーを使用することで、キレイに脱毛ができます。
フェイス用というものを選択することで、肌ヘの負担も最小限度になるように設計されています。
間違っても、パートナー用の男性用ヒゲソリではありません。
このようなフェイス用のシェーバーには、眉毛用、産毛用と刃を替えるものもあり、より使いやすい形になっています。
電池式、充電式といろいろな形になっていますので、是非カミソリで顔脱毛をしている方は、シェーバー導入を考えてみてください。
カミソリではなかなか剃れない顔の凹凸にも間違いなくフィットする事になります。
剃り上がりの気持ちよいですよ。